28
4月

雨が降ってきた☔

お外で遊ぶのが大好きなひよこ組さん。

今日は子どもたちからの意見で「おそと~」

という声でお外に決定しました。

お外はお外でも、

散歩コース園庭で遊ぶコース

を選択した子どもたち。

散歩コースでは、

最後には「かけっこする~」という声で

「よーいどん!」をしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

園庭に戻ってきたら・・・が。

 

先生が傘をさして歩いてみると

「なにしてるの~?」「いれて~」「ぼくも」

と傘の中に集まってきました。

まだ入っていない子どもたちは、

「あっ!つめたい」と雨を身体で感じている姿もありました。

 

みんなで耳を澄ますと・・・

 

 

 

 

 

 

 

“ポツッ。ポツッ。”と何かを感じた子どもたちでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傘さした時とささない時の違いも感じてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

音だけでなく、頭に降ってきた雨の冷たさも肌で感じていたようでした。

そのように自然と触れ合う事で感性が育ち、表現活動へと発展していきます。

 

【表現】

生活の中で様々な音、形、色、手触り、動き、味、香りなど

に気付いたり、感じたりして楽しむ。

(幼保連携型認定こども園 教育・保育要領より)

 

 

 

自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じ取り、

好奇心をもって考え、言葉などで表現しながら

身近な事象への関心も高まっていきます。

今後も梅雨の時期など、

季節ごとの天候や自然の風土を身近な人と感じ、

共有する機会を増やしていきたいと思います。

 

TOP